News / Blog / Tour Report

Home

saigon 8

11-1 (5)

 

2015/11/17

08:00朝食。地下一階のレストランでゆっくり目の朝食をとる。テンションが低いのは僕だけのようでジミーは「やっとツアーっぽくなってきました」なんてたくましいことを言っている。泊まっているホテルはDragonPAlace2レセプションから6階までエレベータで上がり、一度降りて更に1階階段で上がり、屋上に出て隣の棟に入り2階降りるという部屋。すごいのがとっても華奢なホテルの従業員のお兄さんがその細い階段をめっちゃ重い荷物を担いで持ってきてくれる。うむ。鍛えられている。きっと毎日この繰り返しなんだろう。部屋でwifiが入らないのでロビーてネットにつないでいるとレセプションの人がチェックアウトしろという。

 

「あさってまで予約しているよ」と告げると「今日のみ」といってくる。「そんなことないよ、日本で予約しただろう」。これにはわけがあった。当初今日までニューワールドにいると思っていたのだが昨日チェックアウトをしなければいけなくなり、ベトナムに来てから追加でホテルを取った経緯がある。その時に確か17日からこのホテルと思って予約を入れたのだ。でもそれが間違っていたことにようやく気づく。予約が取れていたのはDragon PalaceホテルでこのホテルはDragon Palace2。ちょっと違っていたのだった。ということで急遽全員にチェックアウトの連絡を。次のホテルがどうか分からなかったが、この最悪の状況から出れることは嬉しかった。3日間いると思って広げた荷物をさっさと片付けてチェックアウトの準備。こういうときはすばやい。12時ジャストにチェックアウトして次のホテルに向かう。そのホテルは歩いて3分くらいの所にあった。レセプションも少しよくなっていて安心。

 

ランチはデタム通りのラップアンドロールへ。5人になった一行は移動も楽になった感じがする。ネットがつながらないのでハイランドコーヒーへ移動。ここで時間をつぶす。ようやく一部の部屋がチェックインできたので部屋にはいる。部屋も広かったので不幸中の幸いかな?まあ、最初からここをとって予約しておけばよかったんだがプラス思考で考えよう。今日は一昨日競演したLamTruongとのレコーディング。日本でオケを取ってきたのでそこに彼の歌を入れるためだ。万が一サウンドの修正があるかもしれないので機材を持ってスタジオに向かう。スタジオまでは30分弱。

 

15時に到着するととてもしっかりとしたスタジオだった。ベトナムのスタジオってこんなに綺麗なんだな。そこにいたエンジニアが以前競演したことがあるアンリミテッドのボーカルに似ていたが、まさかと思って声をかけなかった。LamTruongと合流して早速作業を始める。日本語の発音は思ったよりも難しくて、結構難航する。ベトナム語にない発音に手間取る。絶対ではないが、外国人に日本語を歌ってもらう時に、極力その国の言語にない発音の歌詞を避けるようにしたいと思った。

 

常日頃から感じることだが、レコーディングになる曲の場合は余計に意識しておきたいと学ぶ。時間が思ったよりもかかり結局20時までかかってしまった。スタジオのオーナと話すとLamTruongの親戚だという。エンタメ一族だなと改めて実感。その後、ハンさんと一緒に移動。20:30に水上レストランへ到着。ベトナム!っというお店でなんとなく昨日までとの切り替えができた気がした。皆ベトナム人。数人の日本語が話せる人が通訳となってくれている。飲み方もベトナム式で一気の連続。なぜかLamTruongはコーラ。スーパースターは飲まなくてよいのだ。気になっていたさっきのエンジニアはやはりアンリミテッドのボーカルだった。声をかければよかったのにと悔やまれる。余計な遠慮はやめて一期一会を大事にしたいね。そして、その宴席は盛り上がり散々ご馳走になりお開きに。

 

ここまで全てを面倒見てくれたハンさんとLamTruongに感謝しきれないほどのお礼を告げる。本当にありがとう。この音源を形にしないとね。タクシーに乗ってホテルへ。結構遠くてここも30分ほどかかった。23:30ホテル着。明日はいよいよMicrowaveとのライブだ。ベトナムナンバーワンのロックバンドとのタイバン。負けちゃいられない。がんばるぜ。01:00照明がブルーでちょっと微妙ながらも昨日よりも広い部屋で就寝。

 

«      |     »

ページトップに戻る

コメントを残す

Search

Archives